No. 992022. 12. 17
その他 >

「タイ・ミャンマー国境における現地で学ぶ熱帯感染症医師研修」の紹介

  • 埼玉医科大学総合医療センター感染症科・感染制御科  Case Western Reserve University/Cleveland VA Medical Center
  • 小野大輔

    「タイ・ミャンマー国境における現地で学ぶ熱帯感染症医師研修」は、タイ王国のさまざまな地域・医療機関において、熱帯医学のみならず現地の医療体制、公衆衛生などについても直に学ぶことができる研修です。私も2015年度に参加させていただきましたが、大変有意義かつ楽しい2週間を送ることができました。

    タイ・ミャンマー国境における現地で学ぶ熱帯感染症医師研修

    本研修は、国内では診療機会が少ない熱帯感染症の経験を、熱意ある若手医師に現地で積んでもらうことを目的として、大阪大学微生物病研究所(阪大微研)の先生方が中心となり2009年度から開始され、毎年継続されてきました。2020年度からはCOVID-19の世界的流行から開催中止となっていましたが、このたびKANSEN JOURNALの編集長でもある大阪大学感染症総合教育研究拠点(CiDER)の忽那賢志先生が新たに研修代表者となられ、阪大微研とCiDERの連携体制の下、この紹介文の作成時点では来年度から再開される見込みであるとのことです。

    本研修は、例年7~8月(現地の雨季に当たる)に、タイ王国での約2週間の研修として開催されます。対象は熱帯医学および感染症診療を学ぼうとする意欲のある若手医師(目安として卒後3年以上、現地の医療従事者とコミュニケーションできる英語力を有していることが望ましい)で、募集人員は6名前後(予定)です。応募後の書類選考の結果、参加が決定された場合には、各種費用(旅費、宿泊費など)も大阪大学の規定に従って支給していただけます。

    本研修の特長としては、タイ国内のさまざまな地域(タイ・ミャンマー国境の難民キャンプがある森林地帯に近いメソット 、東北部の中核都市であるコーンケンやウドーンターニー、インフラが整った大都市であるバンコクなど)の各医療施設において研修できる点が挙げられます(研修する地域・施設は変更の可能性あり)。メソットにあるミャンマーからの難民の診療を目的としたMae Tao Clinic、一方でコーンケンやバンコクにある大学病院・大規模病院といったように、患者背景や医療資源などが大きく異なる医療現場を訪れることができます。

    実際の研修では、現地の医学生や医師と共に、デング熱、マラリア、メリオイドーシス、レプトスピラなどの診療を経験できます。内容としては病棟研修やプレゼンテーションを主としているものの、それら以外にも、エキスパートの先生方による講義や微生物検査室の見学(マラリアスメア実習なども含む)、肝吸虫の感染予防についての啓蒙活動の見学など、実に多彩な内容を経験できます。

    また、最後に、熱意ある他の参加者の先生方と2週間にわたり時間を共有できることも本研修の大きな魅力の一つです。私自身、限られた時間の中で協力してチームでプレゼンテーションの準備をしたり、オフタイムを共に過ごしたりしたことは、今でも良い思い出になっていますし、研修終了後の今でも各先生方とはつながっており、いつも刺激を受けています。

    以上、簡単ではありますが、「タイ・ミャンマー国境における現地で学ぶ熱帯感染症医師研修」の紹介をさせていただきました。興味を持たれた先生は、ホームページも参照いただき、ぜひご応募ください。

    ラナトライ先生(前列中心の茶色シャツの方)の自宅にて:ラナトライ先生はタイ王国現地の感染症医として、本研修を長年サポートしてくださっています。研修中には、病院研修、マラリアの講義・実習など、多くの場面でご指導頂きました。小野(後列中央の緑色のTシャツ)
    マラリアスメア実習:ストックしてある多くの厚層・浅層の血液スメアを実際に鏡検することができ、とても貴重な経験でした。特に厚層スメアの評価は私には難しいと感じ、同検査の検査特性(感度・特異度)は検者に大きく依存することを改めて実感しました。
    記事一覧
    最新記事
    成人 > その他
    No. 1052024. 06. 29
  • 国立感染症研究所 研究企画調整センター/国立成育医療研究センター感染症科
  • 船木孝則
  • 浜松医科大学小児科学講座
  • 宮入 烈
  • #本稿における記述は筆者の個人的見解であり、所属組織やIDATENを代表する公式な見解ではありません。 はじめに 皆さんは、Immunization Agenda 2030(IA2030)というものをご存じだろうか[1]。世界保健機関(World Health Organizat…続きを読む

    その他 >
    No. 1042024. 04. 01
  • 京都大学医学部附属病院検査部・感染制御部
  • 京都大学大学院医学研究科臨床病態検査学
  • 篠原 浩
  • はじめに 抗微生物薬適正使用の手引き(以降「手引き」)の第三版が2023年11月16日に厚生労働省から公表された[1]。本論説では、この手引き第三版について、実際の医療現場での活用法などを含めて解説する。 さて、抗微生物薬適正使用の手引きの第一版[2]が厚生労働省から公表されたの…続きを読む

    2023年米国感染症学会総会(IDWeek 2023)参加報告
    その他 >
    No. 1032024. 02. 17
  • 聖路加国際病院感染症科
  • 石川和宏
  • テキサス大学MDアンダーソンがんセンター感染症科
  • 松尾貴公
    2023年米国感染症学会総会(IDWeek 2023)参加報告

    2023年10月11日から15日までボストンで開催されたIDWeek 2023は、対面式とバーチャル会議のハイブリッド形式が採られ、9500人以上の参加者を集めました(図1、2)。このIDWeekは感染症領域では世界最大の学会総会で、米国感染症学会(IDSA)、米国小児感染症学会…続きを読む

    成人 > その他
    No. 1022023. 09. 27
  • 国立がん研究センター東病院 感染症科
  • 東京医科大学八王子医療センター感染症科
  • 相野田 祐介
  • はじめに 皆さんはHIV検査の「ウェスタンブロット法」という言葉を覚えていますか? ご存じの方も多いと思いますが、実はすでにHIV感染症の確認のためのウェスタンブロット法を用いた検査は、多くの施設でイムノクロマト(IC)法を原理とするHIV-1/2抗体確認検査法に切り替わっていま…続きを読む

    ASM microbe 2023 体験記
    その他 >
    No. 1012023. 08. 15
  • 京都大学医学部附属病院検査部・感染制御部
  • 京都大学大学院医学研究科臨床病態検査学
  • 篠原 浩
  • ASM microbe 2023 体験記

    今回、米国微生物学会(American Society of Microbiology;ASM)の学術講演会であるASM Microbeで現地発表する機会に恵まれましたので、情報を共有したいと思います。 1.ASM Microbeについて ASM Microbeは年1回開催され、…続きを読む

    ベトナム熱帯感染症研修
    その他 >
    No. 1002023. 01. 23
  • 国立国際医療研究センター
  • 守山祐樹
    ベトナム熱帯感染症研修

    ベトナム熱帯感染症研修は、ベトナムのベトナム国ホーチミン市熱帯病院(図1)で熱帯病の研修ができるコースです。COVID-19の影響で2020年以降中断していましたが、2023年度は再開予定です。 例年、10~11月ごろに1週間程度、ベトナムのホーチミンに渡航します。ここでは、私が…続きを読む

    「タイ・ミャンマー国境における現地で学ぶ熱帯感染症医師研修」の紹介
    その他 >
    No. 992022. 12. 17
  • 埼玉医科大学総合医療センター感染症科・感染制御科  Case Western Reserve University/Cleveland VA Medical Center
  • 小野大輔
    「タイ・ミャンマー国境における現地で学ぶ熱帯感染症医師研修」の紹介

    「タイ・ミャンマー国境における現地で学ぶ熱帯感染症医師研修」は、タイ王国のさまざまな地域・医療機関において、熱帯医学のみならず現地の医療体制、公衆衛生などについても直に学ぶことができる研修です。私も2015年度に参加させていただきましたが、大変有意義かつ楽しい2週間を送ることがで…続きを読む

    マヒドン大学熱帯医学短期研修
    その他 >
    No. 982022. 12. 05
  • 愛知県がんセンター感染症内科
  • 伊東 直哉
    マヒドン大学熱帯医学短期研修

    タイ王国マヒドン大学熱帯医学短期研修は、3日間で熱帯医学の基本を学べるコースです。医師(内科医、小児科医、総合診療医、感染症医)、看護師などを対象としています。2022年度は3年ぶりに短期研修が再開されます。COVID-19の影響を考え、医師・医学生を対象にオンライン研修と組み合…続きを読む

    手感染症――化膿性腱鞘炎を中心に
    成人 > ケーススタディ
    No. 972022. 08. 10
  • 東京大学医学部附属病院 感染症内科
  • 脇本 優司、岡本 耕
    手感染症――化膿性腱鞘炎を中心に

    はじめに 全身の中でも手指が最も外傷を負いやすいこともあり、手感染症(hand infection)は頻度の高い皮膚軟部組織感染症の一つである。手感染症は侵される解剖学的部位や病原体などによって分類されるが、中でも化膿性腱鞘炎は外科的緊急疾患であり、早期の治療介入が手指の機能予後…続きを読む

    小児 > レビュー
    No. 962022. 07. 15
  • あいち小児保健医療総合センター総合診療科
  • 小川 英輝

    はじめに 肺炎を診断したことがない、もしくはその患者の診療に携わったことがない医療者は、ほとんどいないだろう。日本では、年間およそ8~10万人が肺炎で死亡していると推計され、常に死因の上位に位置(死因の第4~5位で推移)している[1]。特に、高齢者医療に携わる方々にとって、肺炎は…続きを読む