KANSEN Journal No.53(2014.12.31)
(転送は歓迎します。内容の無断転載は禁止します)


 

 

2014年まとめ


奈良県立医科大学感染症センター

笠原 敬

 


 

 


 国内外でのエボラ関連ニュースの過熱感がようやく落ち着いたかと思われた年末の12月28日、シエラレオネから帰国した男性が発熱し、エボラウイルス感染症が疑われているというニュースが飛び込んできました。

  2002年にSARS(重症急性呼吸器症候群)が発生してから、毎年のように様々な感染症がニュースで取り上げられるようになった印象があります。2014年は8月に69年ぶりのデング熱の国内感染例の報道がありました。時同じくしてエボラウイルス感染症関連の諸問題が持ち上がり、年末年始も慌ただしくしている医療機関や行政機関も少なくないでしょう。そうこうしているうちに、インフルエンザは通年より早い流行入りをし、RSウイルス感染症も大流行しています。世界ではMERS(中東呼吸器症候群)や鳥インフルエンザ(H5N1およびH7N9など)の症例が引き続き報告されています。渡航歴や接触歴などの病歴聴取や標準予防策などの基本的な感染対策の重要性が改めて見直されています。

  ウイルス感染症だけではありません。薬剤耐性菌、とりわけ大腸菌などの腸内細菌科における薬剤耐性はいよいよわが国でも無視できない状況になりつつあり、カルバペネム耐性腸内細菌科細菌感染症が5類感染症に指定されました。届出開始が2014年9月19日からであったにもかかわらず、2014年12月14日時点ですでに254例が届けられているようです。

 

 2014年のKansen Journalではケーススタディーを3題、ミニレビューを2題取り上げました。またエボラウイルス感染症の現状と対策に関する臨時号を2報出しました。それぞれに重要なtake home messageがありますので、読み過ごしたという方は、今一度、下記からご確認をお願いします。
 それでは皆様、2015年のKansen Journalにもご期待ください!

 

表 2014年発行のKansen Journalの記事一覧

3月

東北大学病院検査部 大江千紘
東北大学大学院医学系研究科感染症診療地域連携講座 具 芳明
【ケーススタディ】発熱・嘔吐を主訴に来院した重篤な既往歴のない60歳代女性(Listeria monocytogenesによる市中細菌性髄膜炎)
その1その2その3

4月

日本赤十字社和歌山医療センター感染症内科 大棟浩平、古宮伸洋
【ケーススタディ】発熱・発疹を訴えERを受診した50歳代男性(日本紅斑熱)
その1その2その3

5月

東京都立墨東病院感染症科 彦根麻由
東京女子医科大学感染症科・東京都立墨東病院救急診療科(東京ER墨東) 相野田祐介
【ミニレビュー】レプトスピラ症―渡航歴がなくても都市部でも起こりうる感染症
その1その2その3

7月
8月

東海大学医学部総合内科 上田晃弘
【ケーススタディ】右側腹部痛を主訴に受診した若年女性
その1その2その3

9月

京都大学大学院社会健康医学専攻医療疫学分野/神戸大学感染症内科 山本舜悟
【ミニレビュー】感染症医のための非劣性試験の読み方
その1その2その3

10月
11月

奈良県立医科大学感染症センター 笠原 敬
【臨時号】エボラウイルス感染症の現状と対策
その1その2


注:執筆者の所属は執筆時点のものです。

 

(了)


※『KANSEN JOURNAL』配信のお申し込み&バックナンバーは、
   日本感染症教育研究会(IDATEN)ウェブサイト 
   http://www.theidaten.jp/melmaga.html より

※原稿についてのご意見、ご感想はシーニュ社
   http://www.thesigne.jp/ まで

発行:シーニュ